Scenery of hypothesis

The “Scenery of hypothesis” is a rich image created by multiple exposure of the photographs that capture a specific scenery from multiple perspectives. Capturing the minute movement of the scenery non-living object, presenting the uncertainty of the act of “seeing” and reconsidering its essence.

「仮説の風景」は、特定の対象を空間的に多視点で捉えた写真群を多重露光させることで作られた豊かなイメージである。対象とする非生物の微細な動きを捉え、「視る」という行為の不確かさを提示するとともにその本質を考察している。